全管連から承認されている全管連青年部協議会は、よりよい社会、環境、業界の未来を願ってさまざまな青年部らしい活動を続けています。

ご挨拶

全管連青年部協議会 会長 秋山 雅仁

全管連青年部協議会
会長 秋山 雅仁

平素は全管連青年部協議会活動に対し、ご支援、ご協力を賜り改めて御礼申し上げます。

福岡総会で再任され、新たに1期2年、私が会長を拝命する事となりました。また、29年度のテーマとして幅広い意見を受けていく事を目指した「多様性」を掲げ、歴代会長が築いてきた全管連青年部の会員間の繋がりを活かしながら活動を行ってきました。

福岡総会では来賓・賛助会員・会員を含め、約400名の参加を頂きました。地元青年部や親組合の協力を頂き、成功裏に終えることができました。改めて青年部の情熱を感じることができましたことに対して御礼申し上げます。

さて、最近の情勢として、2020 年の東京オリンピック・パラリンピックの開催にむけ、建設業者の受注環境は改善傾向にありますが、人材不足等の新たな経営課題に直面しています。

そして、地方においては依然として厳しい経済情勢であるもの事実です。このような中、会員並びに業界の発展向上、そして技術者・技能者不足など、その人材確保と育成が建設産業における構造的な課題となっている昨今、我々管工事業界、引いては全管連青年部も、親組合の協力を頂きながら、「若者が自分の未来を託せる魅力ある業界」にするために事業を行い、今後も全力を挙げて取り組んでまいります。

最後になりますが、全国の会員の皆様の大いなるご活躍をお祈り申し上げるとともに、親会ならびに関係各位にはこれまで以上のご支援、ご協力を切にお願いし年頭のご挨拶とさせて頂きます。

平成30年1月12日

新着情報

  • TOPへ
  • ご挨拶
  • 概要
  • 役員紹介
  • 活動事例
  • 会員団体
  • エコ倶楽部
  • 写真館
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 機関誌アヒルのたまご
  • 青年部協議会創立20周年記念誌
  • スポンサーサイト
  • TOTO
  • INAX
  • SEDIA